Lilypie Fourth Birthday tickersLilypie Second Birthday tickers
生活の記録
by green_green33
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:食べ物( 12 )

☆はいくつ?

昨日、ミシュランン東京版の内容が発表されましたね。
蓋を開けてみたら、東京だけで3つ星が8件!星を貰ったレストランの合計が150店!!

なんか、、

多すぎやしませんか??

というのが私達夫婦の正直な感想。
まさか、水がただ!でポイントがあがっているわけではないね(笑)

夫はこれから、中国、韓国等アジアに進出するためのご祝儀的なものがあるんじゃないかと分析しておりました。
日本食ブームもあるでしょうしね。

それにしても、お店が多すぎて星の有り難味がうすれてしまいそう。。
私達なりに予想したお店の何件かは☆がなかったし、逆にえー?何故?といいたくなるようなお店もチラホラ。

ヨーロッパでは結構☆の上げ下げが多いので、もしかしたら、来年下がるお店も結構あったりするかもしれませんね。

我が家では、ミシュランはもちろん参考にしますが、"今は星がないけど、いずれもらえそうなお店”開拓をしたいです。ってムスメが早く成長してくれないとできませんが^^;
[PR]
by green_green33 | 2007-11-20 20:54 | 食べ物

ケーキ三昧

先々週は取り付かれたようにケーキを作ってしまいました。。
ムスメがまとめて寝てくれだして、夜の時間が空いたことが大きな要因だったのですが、
それにしても、なんだったんでしょう?
ロールケーキ2本とバナナケーキを2回もつくってしまいました。

大体ケーキが出来上がるのが11時過ぎ。
それから味見をかねて数切れたべ、翌朝にまたぺロリ。
2日で1つのケーキを消費していた自分。。。
太らないわけがないですよね。
パンツのボタンがきつくなってきました。

ヤバイです。
母乳ダイエット(?)で一応妊娠前の体重に戻ったはずなのに。。
母乳の量が減ってきた今、胃袋だけ大きくなったままではリバウンド。。

というわけで、今週からダイエットです。

がしかし、
今週は行事(?)が目白押し。果たしてダイエットできるのかしら。。

そして、ケーキ作りは延期しなければ。
ロールケーキ上手くなりたいんですけどねー。
食べ物を捨てたくないし、人に差し上げるほどの腕もない私としてはなすすべなし、です。
料理研究家(とくにお菓子)の人はどうやって体型キープしているのでしょうね?
[PR]
by green_green33 | 2007-11-10 22:20 | 食べ物

買ってしまいました!

テレビショッピングをされて方ってどのくらいいるんでしょうか?
私、今回初めて買ってしまいました。おほほ。

何をかったかというと、、
ほんの10秒で世界一おいしいクリームパスタが食べられる、という
これ、です

↓↓↓


f0058692_11182730.jpg




外国のキッチンで行われる(←通販ものってこういうの多いですよね。なぜか欧米人^^;)実演によると、健康で美味しい野菜ジュースも、カクテルも、アイスクリームシェイクも、大根おろしもいわしのつみれも、バジルソースも全部10秒でできるそうです。
疑り深い私としてはかなり批判的にみておりましたが、、初めてこのCMをみてから1年。ついに購入の運びになりました。


そして感想。
すっごい便利!
特にムスメの離乳食。おかゆが5秒でできるし、ホウレンソウのピューレもあっという間。
しかも手を汚さずに片付けも簡単。
今までの離乳食作りはなんだったのかと感激しました。
まだ、きて1週間ほどなのですが、これからハンバーグやミートソースをつくってみたいとおもいます。

いやぁ、テレビショッピングもあなどれませんね。
今回は勉強になりました(笑)
[PR]
by green_green33 | 2007-10-30 11:18 | 食べ物

ロオジエでランチ

誕生日祝いに両親に銀座のロオジエに連れて行ってもらいました。
本当は先週、と思っていたようなんですが、親が電話をした時点で予約が来年の2月まで一杯、ということで、急遽キャンセルがでた今日にセッティングされましたー。

親との待ち合わせ時間は12時45分。
父はせっかちなので、遅れそうになった私は妊婦なのに走りましたよー。
ぎりぎりで45分頃つくと、なんと予約は13時からというではありませんか!

親に激しく抗議すると、
あんた(私)はいつも遅刻するから早めの時間を言っておいた、とのこと。。
いやー、返す言葉もございませんでしたよ。
日ごろの行いがモノを言いますね。(いつも待たせてしまっている友人たち、すみません)


続く
[PR]
by green_green33 | 2006-11-24 20:53 | 食べ物

隠し味は、、愛情?

私は作る事が出来る限りは、毎日夫のお弁当を作っています。
(専業主婦なんだから、このくらいはやらないとね)

昨晩、些細なことで夫と少しもめた私。
思い返せば返すほど悔しくて、もうお弁当なんて作らない!とおもったものの、
結局今朝、お弁当を作ることにしました。。。

がが、
まず、おかずその1予定だった煮物を、昨日1日冷蔵庫に入れ忘れ、全部ゴミ箱行き。。
(昨日暑かったですからね。。)
それですっかりやる気をなくしてしまし、普段どうやっても失敗しないプーレンの卵焼きまで失敗する始末。。

昨日のイライラも手伝って、なんともナゲヤリなお弁当になりました。。

○焦げて甘すぎる卵焼き
○焼き崩れたさんまの照り焼き
○市販のキンピラ
○昨日の残りのソース焼きそば(隙間対策)

見事”真茶色”のおべんとう。
蓋を開けたとたん食欲がうせますね。。
バラン(緑色)をしきりに使おうかと思ったのですが、もうそんなムードもなくそのまま終了。


”料理の隠し味は愛情”とよくいいますが、なんて陳腐なセリフだと今までおもってました。
でも、相手のことを思って作るから、お料理って気合が入って自然とおいしくできるのだなぁと痛感してしまいました。。。

夫はあのお弁当を完食したのだろうか。
ああ、それにしても、せっかくだったから写真とっておけばよかったなー。
[PR]
by green_green33 | 2006-09-11 21:31 | 食べ物

マラソンのお話/追記しました

ちょうど一年前のこの週末、
ワタクシ、パリにてマラソンをしておりました。。
なつかしいなー。
f0058692_845074.jpg


私がなぜ走るようになったかといいますと、話は数年前にさかのぼります。

OL生活も一通り経験し、毎日に刺激が欲しいと思ったちょうどその頃、高校の友人たちとホノルルマラソンにでよう!という話が持ち上がったのです。
(彼女たちとは山手線一周ウォーキングをしたり富士登山をしたりとかなり体育会系好きの集まりなのです。)
そして当時発足したばかりの吉祥寺NIKESHOPが主催するランニングクラブに便乗して友人全員初マラソン初完走という感動を味わいました。
ずーっとマラソンって個人競技だとおもっていたのですが、応援する人される人、みんなで喜びを分かち合えるすてきな競技だとしったのです。

走る喜びをしった私はこちらにきてからもいろんな大会にでておりました。しかしながら、昨年10月以来、、ぴったりと走るのをやめてしまいました。
冬は寒いんですもの。。。。
もうそれ以来ヨーロッパで走ることはないと思っておりました。
2日前までは。。

だがしかし!

我が家の帰国を聞いたとある方が、抽選であたるか、もしくは多額(数十万の世界)のチャリティーを出せる人しか走れない貴重なロンドンマラソンの出場権を譲ってくれたのです!!

うれしー!!!
といいたいところなのですが、その話を頂いたのが2日前。マラソンはというと2週間後の23日。
じ、時間ない。。

さすがにいまからトレーニングする気力も時間もなく、迷ったのですが、だめなら途中棄権すればいいのだからでてみたら?という夫くんの一言で権利をいただくことにしました。

というわけで、目指すは 完走 完歩!!
明日からトレーニングに励みます、って何ができるでしょうか。。
とりあえず腹筋とスクワットでしょうか。

ロンドンを走れて、おまけに帰国前にダイエット出来るし一石二鳥(笑)
日本帰国2日前という強行スケジュールですが、頑張ります。

More 今後日本でお会いする皆様へ・追記
[PR]
by green_green33 | 2006-04-06 08:41 | 食べ物

運命の日、おまけの話

16日に内示が出た日、やはり日本に帰国されるご夫婦が私達夫婦と彼の同期の夫婦二組をディナーをご馳走してくれました。
Wiltons というシーフードが有名なレストラン。
Jermyn Str.という、会員制クラブ(クブ、ではありません、念のため笑)がたくさんあるハイソな通りにある高級レストラン。

タイを着用してこい、といわれることだけあって、男性のお客様は全員タイをしておりました。
今までいったお店ではなんだかんだと1人ぐらいジーンズやノータイの人がいたのですが、ここは全員ピシっとタイをしておりました。中には蝶ネクタイの方もいらしたりしました。
ナイソウもブリブリブリテーィッシュな内装でした。
私も夫もメインはドーバーソールを頼みました。
とーっても美味しかったです。今回、お料理の写真が取れなかったのが残念です。

誘ってくださった方は我が家の事情をしらず、たまたま誘ってくださったのですが、この日、二人で夕飯だったらしんみりしてしまいそうだったので、本当に嬉しかったです。

実は、昼間も、私が夫の内示の話を聞いたときも、友達のうちにお邪魔していたときでした。
1人だったらちょっぴり落ち込んでしまいそうなところを、お友達と、お友達の作った美味しいタコスランチと一緒だったので(笑)、落ち着いて受け止めることが出来ました。

昼も夜も、誘ってくださった方は”たまたま”だったのですが、こちらにとってはすごく嬉しいことでした。

それにしても、
野暮なお話ですが、夜のお食事、一体いくらだったのかしら、、なーんてね。
[PR]
by green_green33 | 2006-03-16 23:57 | 食べ物

Beyond the KITCHEN NIGHTMARES

日本でもおなじみ(?)ゴードンラムゼイより帰ってまいりました!

今回行ったのはChelseaにあるラムゼイ本店(☆☆☆)。
予約は一ヶ月前の朝9時から電話受付開始、ということで、2月13日からこの日のためにスタンバッテおりましたー。電話は30分以上つながらない、取れても夜9時10時代の予約だと聞いていたのですが、結局10分くらい待たされただけで、18時45分にあっさり取れました。月曜日だったからでしょうか??
予約日前日に予約のコンファームをしなくてはいけなかったのですが、ほっといたら向こうからかかって来ました。


夫は3コース、私は欲張って7コース(少なめポーションですよ、もちろん)を頼みました。
予約をしたのが女の私だったため、メニューを持ってきてくれたギャルソンにどちらがホストか、と聞かれたのが印象的でした。(夫よ、やっぱり予約は男性がするものだということが改めて証明されたよ。これからはよろしく。)

前菜の前に揚げたポテトにチーズをはさんだものと、春巻きの皮みたいなものでチーズをくるんで揚げ、上にサーモンをのせたものがきました。
f0058692_8444594.jpg f0058692_845044.jpg
右の春巻きが激うまでした。





席もまだ空席が目立ち、静かな雰囲気の中写真をとるのに苦労しました。。
前菜
f0058692_8513277.jpg
かぼちゃのスープです。スプーンに載っているのはチーズで、これをスープにいれてかき混ぜていただきます。ちなみにスプーンもチーズの練りこまれたプルッツェルなので、スプーンも食べました。




前菜その2(私のみ)
フォアグラと北京ダック。
f0058692_855114.jpg
ようやく、私、気づいてしまいました。フォアグラが好きでないことを。。







メイン
f0058692_8595987.jpg
f0058692_902230.jpg

f0058692_903957.jpg
左上:私のみ コリアンダーを練りこませたパスタとニンジンの上に白身魚(COD?)のグリル
ソースも酸味があって、かわったものでした。とーってもおいしかったです。
右:二人共通ホタテのグリルにサーモンをのせたもの。これまたすごーくおいしかったです




手前(夫)アンガスビーフ。ものすごい厚さですがとーってもやわらかくて、中は赤でそと側は茶色に。ミディアムレアってこういうのなんだ、納得させてくれたグラデーションでした。夫大感激。奥に見えるお皿が私がオーダーしたラム。イギリスに来てからすっかり大好きになりました。こちらもビーフに負けじとやわらかくて癖がなく、本当に美味しかったです

口直し、デザート
f0058692_9111059.jpg
f0058692_9112957.jpg

f0058692_9115468.jpg

左はクリームブリュレ。一番下が洋ナシのピューレ、2層目がクリーム、3層目はブラックペパーとナッツでした。この中では一番おいしかったです。言うことなし。
右は、メロンとミントのなんとか(うう、聞き取れませんでした)
デザートはチョコレートスフレとライムアイスをカラメルでつつんだものとチョコレートケーキをたのみました。
スフレは、クリスマスにホテル・ド・パリ・グリルで頼んだものの、そこに行く前におなか一杯になり、気持ち悪くて食べられなかったという苦い経験からリベンジ的に頼んでみました。(→結果。やっぱりスフレは重過ぎました。。)



コーヒーを頼むころ(夜9時過ぎ)にはお店も満席、空間的にはちょっと狭くかんじました。けれど、ギャルソンがこまめに声をかけてくれるおかげですっかりリラックスできました。この後さらにお客さんがくるのですから驚きです。。

私達はコーヒーは席を離れて入り口近くのソファー席でいただきました。
が、移動の前に!
キッチンを見せてくれるとの事ー。感激です!!
これもギャルソンにウエディングアニバーサリーなんだと主張した結果でしょうか??
ラムゼイに会えるかも??と緊張しましたが、ご本人は今日は不在でした。
代わりにきさくなヘッドシェフがキッチンを案内してくれました。

3星レストランのキッチンをのぞけるなんて、人生最初で最後かもしれないーとおもっていきごんでいったもの、、会話に夢中になって必死のため、キッチンをよく見れませんでした。。
日本から来た、というと、(もちろん、都合のいいときだけ観光客です。私達)なんと日本人パティシエを呼んできてくれました。
こんなところにも日本人が働いているなんて、立派!!
彼女は金沢出身で、もう3年も働いてるのだそう。チェルシーにラムゼイができて7,8年。彼女、結構古株なのではないかと思います。
本当は、もっとイロイロ彼女に質問したかったのですが、シェフが横にいる+会話は英語=何も聞けませんでした。
それにしても、日本人、世界のあちこちで頑張っているのですね。素晴らしい!

キッチンはこんなかんじでした。ってあまりよくわからない写真ですね。
f0058692_9315978.jpg

すごく狭いキッチンでびっくりしました。東京より狭いそうです。ここに14人のシェフが働いているそうです。

キッチン見学を終えた後はソファー席にてコーヒーとチョコレート、マンゴークリームのアイス、
フローズンストロベリーをホワイトチョコレートでくるんだもの、を頂きました。
日本人の彼女が作ったのかと思うとさらに味わい深かったです。


以上で長いレポートは終わりです。
えー、気になるお値段はグラスワインとボトルの水を+して合計200ポンドちょっとでした。
次回はコンラッド OR  もう1人のイギリス若手セレブリティシェフ、ジェイミーオリバー率いる15(フィフティーン)かな。

More the KITCHEN NIGHTMARESとは
[PR]
by green_green33 | 2006-03-13 23:58 | 食べ物

やめられない、とまらない

その昔、30代は大人の女性だとおもっておりました。
大人の女性は決してファーストフード店にはいかず、カフェでお茶するものだと思っておりました。
そして、大人になれば、こんなものからも自然と卒業できると信じておりました。。。










f0058692_5151840.jpg

ううう。
実は私、かっぱえびせんが大好きなのです。。その昔、カルビーに就職しようと試み、えびせんに対する熱い胸のうちを語った葉書を送ったことがあります。もちろんお返事はきませんでしたが。。
今回、伯母がトランク半分スナック菓子を詰めてきてくれました。(ありがとう、伯母さん)
いや、こちらでも買えるのですよ。ただ、値段が2倍だし、買っている姿をみられたくないという変な見栄でなかなか買いづらいのです。。

彼女たちが帰ってから1週間、山と合ったお菓子は確実に消費されております。
夫にもこんなに食べてしまったと言えないくらい。。
でも、でも、日本のお菓子は本当に美味しい! カルビーバンザイ!!
[PR]
by green_green33 | 2006-03-03 05:12 | 食べ物

パンケーキデー

あっといまに3月ですね。
”1月は行く、2月は逃げる、3月は去る”という言葉を中学の先生から教わったのですが、この時期いつも思い出されます。

ロンドンはとっても寒いですが、今週は青空が広がり、気分も良いです。青空なのに雪が降る、なんて珍事もおきておりますが。。。

数日前の話ですが、2月28日、イギリスではパンケーキデーでした。
BBCのサイトに起源などがかかれております。

Origins
Pancake Day, or Shrove Tuesday, is the traditional feast day before the start of Lent on Ash Wednesday. Lent - the 40 days leading up to Easter - was traditionally a time of fasting and on Shrove Tuesday Christians went to confession and were "shriven" (absolved from their sins). It was the last opportunity to use eggs and fats before embarking on the Lenten fast and pancakes are the perfect way of using up these ingredients


翻訳機+私の意訳

パンケーキ・デイ(もしくは懺悔の火曜日)は、灰の水曜日が始まる前に行われる伝統的な祭礼です。レント(四旬節、イースターまでの40日のこと)は伝統的に断食の時間でした。懺悔の火曜日においては、クリスチャンが懺悔をし、罪を赦されたのでした。この日は、四旬節に入る前の、小麦粉、卵、を使用する最後の機会でした。、パンケーキはこれらの消費する完全な方法です。

四旬節   :イエスが宣教を始める前に荒野で40日間断食をしたことから設けられた日
灰の水曜日:祝福の証として灰を頭にかける式

とのこと。
ま、とにかく断食に入る前に残り物を全部使いましょう、そのためにパンケーキを焼きましょう、というわけですね。
現在、断食を行っている人がいるかというと、それは今はあまりいないとのことです。
パンケーキを食べるという都合のいい(?)習慣だけが残っています。
また、この日は”パンケーキレース”と呼ばれるレースを開催する街もあります。
エプロンをした女性がフライパンにパンケーキをいれてゴールまで競うそうです。
見てみたいですね。

ちなみに、ブラジルもキリスト教の国。有名なカーニバルは、この懺悔の火曜日を最終日として、灰の水曜日、四旬節を迎えます。(ブラジルにお詳しい方々、合ってますよね??)
お国変れば、、ですね。
[PR]
by green_green33 | 2006-03-02 08:01 | 食べ物
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
最新の記事
2才4カ月
at 2012-03-09 23:20
反省
at 2012-02-22 11:15
地震のこといろいろ 2
at 2011-04-01 08:54
最近の親ばか事情
at 2010-12-22 01:43
幼稚園のこと
at 2010-12-08 01:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧