Lilypie Fourth Birthday tickersLilypie Second Birthday tickers
生活の記録
by green_green33
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ベビーカーも外車の時代

という記事を数年前、V○R○というママ向け雑誌で目にしたことがありました。
アホくさーいと思っていましたが、いざ当事者になって世間をみわたしてみると、、
確かに外車の時代が確実にきてます。。
三輪ものも街中でみますし、バーの椅子ごと運んでいるような(うーん、意味わかりますでしょうか??とにかく大きい!)プッシュチェアーも見受けられます

特によく見るのがイギリスの某社のモノ。
なんか最低でも某社じゃなければお洒落なママにはなれません、状態。。。
お洒落さんを目指しているわけではないのですが、長いものには巻かれといた方が良いかと当初はおもっていましたが、お値段をみてびっくり。
正規のルートで買うと4万5千円もするんです。
こんなこといっても始まらないのですが、ロンドンで買えば1万5千円~でかえます。
同じ値段だすならその価値が正当にあるものじゃなきゃ、貧乏性な私には無理!

というわけで、我が家は国産車にする予定です。
外車じゃないと仲間に入れてもらえないかもしれないけど(←偏見)
やっぱり車といえば、国産よね!ってことで。

More と思っていたところ、、
[PR]
by green_green33 | 2006-10-31 23:53 | pregnancy

横浜へ・・・・なぜか食い倒れ

週末は伯母が参加しているボタニカルアートのお教室の作品会を母と夫で見に行ってきました。
場所は横浜元町、エリスマン邸という洋館の地下ホールで開かれてました。
とても素敵!
f0058692_2363474.jpg


実は私、桜木町駅周辺にはごくごくたまーに行きますが、元町あたりってほとんどいったことがないのです。
というわけで、伯母の案内で元町の洋館見学をしてまいりました。
写真は一枚しかとっていないのですが。。。
f0058692_2384823.jpg

秋もバラのシーズンなのですね。
あちこちの洋館でバラがきれいに咲いてました。

びっくりしたのは洋館の入館料が無料な事!
神戸の異人館に昔言ったことがあるのですが、確かイチイチお金を払ったはず。
横浜市、太っ腹!

お散歩の後は腹ごしらえ、なのですが、伯母は中華街に連れて行きたいし、母親は母で関内にあるうなぎやさんに私達を連れて行きたい、とのことで、結局2軒いくことに。。。

とりあえず山手の坂をおり、中華街で適度におなかをみたし、ついでに肉まんと中華蒸しパンをお買い上げ。
これではおなかがすかないということで、再び元町の山を登っておなかをへらしました。
(横浜まできてなんでこんなことしているんでしょうね??)
しかも母のたっての希望(?)で母の母校の通学路であったものすごく急な石畳の階段をひたすら登ったのです。。
母は○十年ぶりで感激してましたが、私達はもう呼吸困難におちいりそうでした。
石畳を上がり、山手カトリック教会のあたりから港の見える丘公園(実はココも私は人生で2回目くらいです)
まで歩いてきた頃には、空腹というか疲労感でいっぱいでした。
疲労にはうなぎ!ということで、まぁよかったのですが。。。

関内のうなぎやさんは”わかな
母親の両親が結婚前に行っていたというから歴史があるのかなぁと思って調べたら明治の創業なんですねー。びっくり。
味はというとスタンダードなかんじでとても美味しかったです。
機会があれば、是非行ってみてください。

ただ、ここは注文を受けてからご飯を炊くのでは?という噂があるほどちゅうもんしてからまたされます。最低30分は待つので空腹時にいくとイライラしてしまうかもしれませんね。


ご馳走攻め(?)に備えて朝も抜いてきた私達ですが、帰りの電車はおなか一杯で本当に苦しかった。。。
あとで伯母から聞くと、このほかにイギリス館という洋館の近くでお茶をする予定も組み込まれていたそうです。。
それは、もう、絶対無理だわ。。。
[PR]
by green_green33 | 2006-10-28 23:02

結婚式

先週末はロンドンのお友達の結婚式に行ってきました。
彼らはイギリスにまだ滞在しているのですが、日本でのお披露目パーティーです。

お二人の人柄がよく出たとっても楽しいパーティーでした。
ビンゴゲームもよくあるビンゴゲームではなくて、会場ではじめてお会いする方々に名前をうかがってマスを埋めるという凝った趣旨のものでした。
おかげで、二人の友人の方とも楽しくおしゃべりできました。
偶然、同じ病院で同じ月で出産予定の方がいて、メルアドを交換させてもらいました。
こんなところで新しく出会える機会を与えてくれた二人に感謝です。
お二人ともお幸せに!

そしてまた、夫婦ででた結婚式は3回目だったのですが、なんかこちらまで幸せな気分になっていいものですね。

More ただ、、
[PR]
by green_green33 | 2006-10-24 23:57

習い事 その2 英語教室

またまた習い事のお話。

私は今通っている新宿区の英語教室、会場はなんと私の出身高校なんです。
といっても、高校は数年前に立て替えられて、前の校舎の面影もありません。。。

外観はすっかり近代的になり、校舎の中にはエレベーターまでありました!
しかも2台!
バリアフリーということなんでしょうが、高校生にエレベーターは贅沢品なのでは??
などと思ってしまいました。。

教えてくださる先生も高校の先生だということだったのですが、なんと専門は数学!
なぜ、数学教師が講師なんでしょうねぇー。
彼自身はテンプル大学で英語を学んだということで今回講師になられたそうです。
まぁそれはそれで良いのですが、ちょっと張り切りすぎ?なところがありネイティブの先生もお招きしているのに、授業中の8割は彼がしゃべっております。
せっかくなのでネィティブスピーカーがいる意味ないじゃんとちょっと不満です。。

そして学生はというと、、
推定OVER50 がしめております。 (それでも料理教室より10歳若い!)
でも、皆さんの学習しようという意欲は本当に素晴らしいです。
中にはものすごいボキャブラリーを持っていらっしゃる方もいて、感服しました。
ボキャ貧の私としてはうらやましい&とても刺激を受けます。

そういう意味でここのお教室は結構楽しみな私です。


ところで、話がそれますが、私を含めて日本人の”英語がしゃべれるようになりたい!”という考えは根強いというか根深いものがありますね。
こうして、年配の方もモチロン、子供の英語教育も最近すごいですよね。
ゼロ歳児から英語教育に燃えている方もなかにはいらっしゃるようで。。。
ほんと頭が下がります。


私も自分の子に対して、できたらインターナショナルな子に育って欲しいと思いますが、30になるまで外国に興味がなくても充分幸せに生きてきた自分もいるので、迷うところです。。
[PR]
by green_green33 | 2006-10-23 23:41

習い事 その1 料理教室

先生のお宅で行われる料理教室には以前行っていましたが、いわゆる調理実習的な料理教室は初めてでした。

すでに3回行われているのですが、感想としては、、毎度ぐったり、ってとこでしょうか。
というのも、本当に家庭科の調理実習状態なんです。。

○先生は1人、でアシスタントはなし。
○調理道具は各自で戸棚から探さなくてはいけない。
  →調理の前にまず道具探し
○調味料は共用のためひとつのテーブルにいってとりにいく。
  →調味料机は大混雑
○狭い教室に人数が多すぎる
  →油ものをしている人の横をすり抜けていかなければ行けない。

これだけでも充分疲れる理由になるのですが、何よりの問題は
レベルが違いすぎる人がいるというのことです。


金曜日の昼間に区のお料理教室なんていったらいらっしゃる方々はOver60 はわかっていたのですが、定年退職したおじいさんがこんなに参加しているとはおもいませんでした。。。

しかも、勝手に班分けされていて、私の班は
74歳 男性 (仮名トメキチさん。積極的に料理に参加してくれるの良いのですが。。)
73歳 男性 (見てるだけのことが多い。もうちょっと積極的になってくれ!)
女性  私をいれて3人

の構成なんです。。

そしてこの男性二人が本当にお料理できないんですよー。
特にトメキチさんは毎回なにかやってくれます。
たとえば、、
・ピーマンの種を取らずに調理
・ニンジンの皮をむかずに調理
・菜ばしもないのにフライパンにいためる野菜を投入

もうね、次元の違うミスをするのですよ。。
したがって、常に誰かが見張って(?)いなきゃいけない状態。。
具材の切り方から調理の仕方、結局私達がいちいち料理のイロハを教えております。
もはや誰のための料理教室だかわかりません。
そして、実習のあとは毎度おなじみのおじいさんのお話。。(3回教室があって3回とも毎回おなじお話をいたします)

いやね、トメキチさん達が悪いわけじゃないのはわかっているのですよ。
レベルわけもない料理教室に参加した時点でもう仕方ないことなのかもしれません。
けれど、、区の気遣いが間違っているのですよ。
班は全部で6つあるなかで、半分は男性がいない班、のこりの班はそれぞれ男性が2,3人づついるのです。
区の方針としては、男性人がチームで1人で心細いと可哀想、とおもって固めたのでしょうが、かえってそれが裏目にでているようです。
面倒をみる女性は大変で、男性のいる班の女性はどんどんやめて行きます。
(先週、うちの班も女性が1人やめて2人になってしまいました涙)


性別はともかく、区はまったくの初心者かそうじゃないかくらいのレベル分けをするべきですね。
知らないっていうのはすごいことで、漫画みたいな失敗が毎回繰り返されているのですもの。。

私もトメキチさんを温かい目で見られるようになればよいのでしょうが、、
中々人間急には器が大きくなれません。
毎回逃避手段としてデザートを担当して二人を見ないようにしております。。
ってもう1人の女性の方にすっごく申し訳ないのですが。。。

夫にはそんなにストレスだったらやめればいいじゃん、とはいわれてますが、やっぱり一食分作らなくても良い、というのはおおきな魅力。
もうちょと頑張って続けてみるつもりです。

次回のトメキチさんはどんなことをしてくれるんでしょうか?

あーあ。
[PR]
by green_green33 | 2006-10-19 11:18

気づけば、、

もう10月半ばですね。
朝夕はすっかり涼しくなりました。

私は今なんだかとてもバタバタしております。
基本的には暇なのですが、毎日何かしら用事が入っているのです。

というのも、、、
ヒマヒマ期に応募できる新宿区の習い事にすべて応募したのです。
そしたら、なんとびっくり、それがすべて当選(っていうか応募者が少なかった??)
結局毎日で歩いている状態なのです。。

ちなみに行っているのは、、
日本語ボランティア養成講座、マタニティヨガ、スイミング、 英語教室、料理教室の5教室。
しかも、どれもお値段がお安い!ぜーんぶあわせて1ヶ月の習い事分くらいです。
まぁ、地域のものなので、英語教室、料理教室はレベルがみんなバラバラなんですけどね。。

中でも料理教室は毎回なにかハプニングがおきて、面白いといえば、面白いのですが、疲れるといえば疲れます。。。

次回、記事をUPする予定です。
[PR]
by green_green33 | 2006-10-18 14:36 | 日常
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
最新の記事
2才4カ月
at 2012-03-09 23:20
反省
at 2012-02-22 11:15
地震のこといろいろ 2
at 2011-04-01 08:54
最近の親ばか事情
at 2010-12-22 01:43
幼稚園のこと
at 2010-12-08 01:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧