Lilypie Fourth Birthday tickersLilypie Second Birthday tickers
生活の記録
by green_green33
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

育てる

といっても子供ではありません。

これです↓


f0058692_855466.jpg



GW中に義両親がもってきてくれました。
赤トマト、大葉、黄トマト だそうです。

大葉はほっといても育つらしく、すでに何回か収穫しました。
いままであんまり大葉を使うことはなかったのですが、いざ彩りにつかってみると、結構美味しい!

今後トマトの成長が楽しみです。
[PR]
by green_green33 | 2007-05-31 08:52 | 日常

教会コンサート

f0058692_1215.jpg


結婚式を挙げた教会でチェンバロのコンサートがあるのでいってきました。
ムスメの情操教育になるかと思って^^;

この教会は赤ちゃんでも参列できるように、ガラス張りの防音ルームがあるのです。
ムスメはとってもおとなしかったのですが、彼女の指をなめるチュパチュパという音が
響き渡るために、赤ちゃん部屋に移動。
私達しかいなかったのですっかり眠り くつろぎながら音楽を聞くことが出来ました。

私達はキリスト教信者でもなんでもないのですが、
いつかムスメもこの教会で結婚式をあげてくれたらなぁなんて思ってしまいました。
[PR]
by green_green33 | 2007-05-27 01:00 | 日常

私のバイブル

f0058692_2337499.jpg


すごいインパクトのこのお方...
イギリスのカリスマナニー(イギリスの国家資格を持ったベビーシッター)といわれるGina Ford さんです。(写真は本人HPより)

私、この人の育児方にとっても興味があったのです。

一般に、赤ちゃんを育てるとき、良いとされる育児方法は
「赤ちゃんが欲しいときにミルクを与え、眠たいときに眠らせる」
という赤ちゃん主体の方法ですよね。
ところが、彼女の子育て方法は
「親が赤ちゃんの生活リズムをつくってあげる」
という逆転の発想なのです。

彼女の育児方の目的は、
「夜中の授乳回数の削減を目指し、最終的には夜7時から朝7時まで熟睡することができる」
こと。したがって、新生児のときから、食事の時間、睡眠の時間をきめ、タイムスケジュールどおりに赤ちゃんを行動させます。

最初、この育児を知ったのはNHKのテレビ番組でした。
その当時は妊娠中で、なにもゼロ歳児に合宿のような生活をおくらせなくても、、と思っていました。
しかし、実際子供が生まれてみると、一体いつ赤ちゃんが寝てくれるのか、おきてくるのかわからない生活。ある意味親である私が子供に振り回され本当に疲れてしまいました。
そんな時に思い出したジーナの子育て方法。
タイミングよく日本語版がでたので早速購入いたしました。

f0058692_23351570.jpg


この本どおりに生活を送るのは本当に大変ですが、取り入れるところだけ取り入れながら我が家では実践しております。
さすがに夜7時から朝7時までぐっすり睡眠というわけにはなかなかいきませんが、今まで知らなかった赤ちゃんの生態(?)を知り、ムスメの生活リズムが安定して、私がグッと楽になったのは確かです。

寝ている子を起こしたり、泣いてもすぐに抱っこをしなかったりする厳しさや、そもそもジーナ自信に子供がいないことから賛否両論わかれる子育て法ですが、私には頼りになる1冊であることには間違いありません。
[PR]
by green_green33 | 2007-05-11 23:39 | musume1

1年たちました③

このシリーズ、しつこいですね。
あと2回ほど、とりあえず完結させたいと思います。
2006年4月23日
f0058692_19381946.jpg



ロンドンマラソン!


知り合いのご好意で急遽出場させていただきました!
本当に急遽なため、トレーニングゼロ。42.195キロを8割歩きました^^;
コースはロンドンの観光名所を走るのですが、後半、つらくなってからがひたすら住宅街
を走らなければいけず、ちょっとつらかったです。。
が、チャリティー色が強く、仮装している人がたくさんいて、とても楽しい大会でした。
中には「1時にロンドンブリッジで挙式します」とかいたタキシードを着た男性と、ウェディング
ドレスの女性の姿も!
冗談かとおもったら、本当にやったみたいですねー。夫がテレビでみたそうです。恐るべし。

残念だったのは給水所に食べ物がなかったこと。
今回は6時間という長い時間を費やしたせいか、途中でお腹がペコペコになってしまいました。
結局沿道のボランティアが準備してくれたものを頂きました。
普段はぜーーーーーーったい食べない不健康な色をしたグミとか、不味そうなパンに挟まったサンドイッチとか(ヒドイですけど。。)とっても美味しいっておもってしまいました。
チョコレートが食べたくなった私は、図々しくもチョコレートもってない?などと聞く始末。
まんまと優しいお方からいただいてしまいました。あはは。

最後のほうは雨がふってきたものの、無事完走完歩
ゴールから家まで徒歩3分だったのであっという間に自宅に帰り、くつろぐことができま
、、せんでした。

というのも、実はこの日が家を明け渡す日。
疲れた体に鞭打って、荷物をまともホテルへと移動したのでありました。
f0058692_19495820.jpg


つづく
[PR]
by green_green33 | 2007-05-02 19:35 | 日常
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
最新の記事
2才4カ月
at 2012-03-09 23:20
反省
at 2012-02-22 11:15
地震のこといろいろ 2
at 2011-04-01 08:54
最近の親ばか事情
at 2010-12-22 01:43
幼稚園のこと
at 2010-12-08 01:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧